研修概要

 グローバル競争を勝ち抜ける企業戦略を推進するリーダーが、適切なヒューマン・リソースのマネジメントを行い、組織活性化や効率化、リーダーシップを発揮するためのスキルを習得する。100の組織やチームがあれば100通りの適切なリーダーシップがあり,唯一の正しいリーダーシップがあるわけではない。
 そこで,事例研究をベースに成功・失敗要因を抽出し,自組織に相応しいリーダーシップとは何かを理論応用の方法論とディスカッションにより習得する。

プログラム

 1日(9:30-16:30) 

(1)リーダーシップ事例研究および演習

 企業にとって未来への生き残りのために新規事業の創出は不可欠であるが、それはなかなか容易ではない。実際に新規事業の立ち上げを行った企業の事例を取り上げ、リーダーシップの観点から成功要因と失敗要因を分析し、ディスカッションする。

(2)状況適合リーダーシップ
 業務に対するメンバーの習熟度(技能面・心理面)に応じて、リーダーシップのスタイルを使い分けるのが有効であり、集団の構成メンバーによって状況は異なるのであるから、多様なリーダーシップのあり方が想定されることを学ぶ。状況適合理論のフレームワークを学習し、応用できるようにディスカッションする。

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業補助対象に申請予定です。
呉市 中小企業人材育成研修費補助対象です。