研修概要

 プレゼンテーションで最も重要な要素のひとつ「視覚的表現方法」を 「デザイン&レイアウト」と「構成」の角度からとらえます。
 本講座は、2007年から毎年開催し、その都度アンケート結果による参加者の 要望を加味して加筆修正し、2014年からは「レイアウト構造」「色使い」 「グラフ」を強化した「バージョン3」になっています。
 更に「名画で学ぶ構図論」をより充実し、その論拠になるルネサンスから フランドルに至るヨーロッパ絵画の数々を示しながら進めます。
 教材写真にはミュンヘン、ベルリン、ウィーンで講師が撮影した写真を ふんだんに採り入れており、より新鮮な視点での学習効果を可能にしています。

プログラム

 1日目(9:30-16:30) 

<プレゼンテーション概念とレイアウト>
プレゼンテーション概念/名画で学ぶ構図論(黄金分割と黄金点、中心線の法則、視線誘導等)/構成要素の割付/三分の二法/ベーシックパターン(モンドリアンのレイアウトパターン)

<レイアウト実習>
レイアウト構造/色使い/相関配色

<グラフ実習>
効果的表現法/ダイナミック(動的)グラフ

<フォント実習>
フォント使い/メリハリ/フォントカラー

<プレゼンテーション構成>
ストーリーとコマ割/ベーシックパターン

2日目(9:30-16:30) 

<プレゼンテーション制作>
前日の復習と理解度確認/重要点の質疑応答

<課題制作>
配布課題・資料等で各自、プレゼンテーション制作

<発表/意見交換/質疑応答等>

 

※PowerPoint、EXCELの基本操作技術、可能であれば  NHK Eテレ「スーパープレゼンテーション」を1回以上  視聴しておいてください。

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業補助対象です。
呉市 中小企業人材育成研修費補助対象です。