研修概要

本研修の目的は,データに基づいて業務上の問題を捉え,解決策を検討し,その解決策が効果的であることを主張するための基礎ツールとして,統計学を入門レベルで使えるようになることです。統計学の用途は広く,ビジネス,研究,開発,工程管理,品質管理,人材育成など多岐にわたっています。先ず統計学の各手法とその用途の全体像を見て,入門としての本研修の位置づけを確認した上で,各論に入っていきます。具体的には,分析に値する統計データの条件,分析目的の設定,データ全体の特徴の説明,仮説検定,統計だまされない法を分かりやすく解説,それぞれExcelを用いて分析実習をして頂きます。

目標

・適切な統計データの条件が説明できる

・データ全体の特徴をグラフを描き,平均値,標準偏差を計算して説明できる。

・仮説検定とは何をしているのか説明できる。

 

プログラム

 1日(9:30-16:30) 

1.なぜ統計学が必要か?
 (1)情報コストの低減
 (2)エビデンスに基づく改善・改革
 (3)演習:初戦敗退の野球チームを準優勝に
       導いた中学生の統計分析
2.統計学の全体像と本コースの位置づけ
 (1)さまざまな統計手法と用途
 (2)演習:データを分析してやりたいこと。
       困っていること。
3.統計データの前提条件
 (1)バラツキとサンプル抽出
 (2)データの種類/尺度
 (3)データの信頼性とランキング
 (4)演習:そのデータの何が問題か?

4.記述統計~データ全体の特徴を説明しよう
(1)分析の目的を設定する
(2)データの見える化
    度数分布表,ヒストグラム
(3)代表値~平均,分散,標準偏差
(4)演習:PCでデータ分析し,特徴を説明する
5.推測統計~サンプルから母集団を推測しよう
(1)推定:母集団の代表値の推定
(2)仮説検定
 ・仮説検定は何をしているのか
 ・対策効果の有無判定に活用
6.統計でだまされない法
7.まとめ
 

 

※Microsoft Excel を使えることが必須の受講条件です

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業補助対象予定です。
呉市 中小企業人材育成研修費補助対象:未定です。