ねらい

 材料は、全てのものづくりの出発点であり、材料なしではものづくりは成り立ちません。
 しかし、工業材料の種類は膨大な数にのぼり、部材用途に最も適した材料を選択することは 容易ではありません。
 ここでは、信頼性の高い機械設計や材料開発の基礎となる金属材料の組織と機械特性や 金属材料の強化法並びにレーザー応用などの最新の加工技術について解説するとともに、 有益なノウハウを提供します。
 また、金属材料の破壊の種類とクラフトグラフィーについても、実際の破壊事例を 示しながら解説します。

プログラム < 昼食休憩 12:00~13:00 > 

 1日目(9:30-16:30)

1 材料の歴史的変遷と金属材料の歴史
2 金属材料の組織と機械特性(転位、変形機構、強化法等)
3 鐵工材料の種類とその特徴
4 非鉄金属材料の種類とその特性
 ④-1 アルミニウムおよびその合金
 ④-2 銅およびその合金
 ④-3 マグネシウムとその合金
 ④-4 チタンとその合金
 ④-5 その他の金属

2日目(9:30-16:30) 

5 金属材料の最新加工技術
 ⑤-1 レーザー応用技術と異材接合
 ⑤-2 金属材料への表面改質と応用事例
 ⑤-3 塑性加工と熱処理技術
6 金属材料の破壊とクラフトグラフィー
 ⑥-1 破壊の形態
 ⑥-2 破面観察の手順
 ⑥-3 破壊事例とトラブルシューティング

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業です。
呉市 中小企業人材育成研修費補助対象です。