ねらい

 製品の品質向上・安全確保・環境保全上、騒音・振動の計測・制御・防止は
益々重要性を増してきています。
  騒音・振動現象を把握するためには、適切な計測方法、そして測定結果から
得られた問題点とその解決(対策)方法を見つけ出すことが重要です。
 この研修では、騒音・振動の基礎、正確な測定データを得るための計測方法・
テクニック、解析手法などを、わかりやすく解説します。

プログラム < 昼食休憩 12:00~13:00 > 

 1日目(9:30-16:30)

①音の性質(音圧、dB、自由/拡散音場,波長)
②騒音計(騒音レベル、周波数重み付け特性(A,C)、
  時間重み付け特性(F,S)、等価騒音レベル、実効値)
③周波数分析(定比・定幅フィルタ、1・1/3オクターブ分析)
④コンデンサマイクロホン(構造、特性、種類、校正)
⑤騒音測定の注意点
⑥騒音関連規格の解説

2日目(9:30-16:30) 

⑦振動の性質(共振、強制振動、加速度、速度、変位)
⑧加速度ピックアップ(原理,感度、特性、取付け時の注意)
⑨前置増幅器(チャージ/電圧感度、機能)
⑩FFT分析(分析原理、平均、窓関数、分析時の注意)
⑪振動測定機器(力変換子、インピーダンスヘッド、
 インパクトハンマー等)

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業補助対象です。
呉市 中小企業人材育成研修費補助対象です。