共催:福山市

ねらい

 企業活動のグローバル化に伴い、幾何公差を使っていない設計図面は、
欧米の技術者からは「図面でない」と言われます。
 そこで、ISO製図規格に従った幾何公差を学ぶことによって、
世界に通用する図面とする事が出来ると共に、設計・製造の期間短縮と工数削減が可能になります。
 なおISO製図規格とASME(米国機械学会)製図規格(フォード・GM・クライスラーのBIG3が中心となり設定) ・
JIS製図規格とは幾何公差の部分は共通ですから、ASME・JISを採用されている企業の皆さんにとっても
勉強される価値は同じです。

プログラム < 昼食休憩 12:00~13:00 > 

 1日目(9:30-16:30)

(1)幾何公差の必要性
(2)幾何公差の基本概念
(3)幾何公差に用いられる用語と記号
(4)演習Ⅰ
(5)製図の基本原則
(6)ゲージ
(7)演習Ⅱ
(8)データムシステム
(9)演習Ⅲ
(10)基本寸法表示
(11)真直度・平面度・真円度・円筒度
(12)平行度(13)演習Ⅳ

2日目(9:30-16:30) 

(14)直角度・傾斜度・接平面
(15)演習Ⅴ
(16)位置度
(17)位置度の応用(バウンダリー)
(18)演習Ⅵ
(19)位置度の応用(浮動式ファスナー)
(20)位置度の応用(固定式ファスナー
(21)位置度の応用(突出公差)(22)演習Ⅶ
(23)位置度の応用(同軸度・対称度)
(24)位置度の応用(複合公差)(25)円周振れ・全振れ
(26)演習Ⅷ

3日目(9:30~16:30)

(27)輪郭度
(28)輪郭度の応用(バウンダリー)
(29)輪郭度の応用(複合公差)(30)同軸度の総まとめ
(31)組み合わせ部品の公差解析(32)マルMとRFSの見極め
(33)演習Ⅸ
(34)幾何公差の適用全プロセスの事例
(35)演習Ⅹ
(36)幾何公差のより高度な適用事例
(37)演習ⅩⅠ

研修受講料助成制度

東広島ものづくり技術高度化研修事業補助対象です。