ねらい

1.目的
①企業の上位の方針や目的を、背景や状況とともに具体的に理解する。
②理解した上位方針や目的を展開して自分が生み出すべき成果、
 そのためのあるべき業務プロセスを具体的にする。
③具体的にしたあるべき業務プロセスを自分でやることとして
「わくわく感や当事者意識」レベルまで納得することが「腹落ち」である。
 この「腹落ち」となるためのコミュニケーションの営み(ファシリテーション)を
理解することを目的とする。

2.目標
 組織で求められる「ファシリテーター型リーダー」の意思疎通の
技術、考え方、基本姿勢をマスターする。

3.特徴
・業務に直結したファシリテーションスキルが習得できる。
 人材の特性を見る、信頼関係の構築、現場主義、率先垂範、
5Sをベースとした小集団/QCサークル活動にフォーカスしている。
・ロールプレイング演習を通じて体験的に身に付け易い。

 

プログラム  < 昼食休憩 12:00~13:00 >

はじめに
 ①自ら戦略的思考で行動,②考える組織,③ ファシリテーター型リーダー
1.小集団活動(TPM改善)推進手順
 (1) TPMサークルリーダー会の進め方
 (2) サークルリーダー会で困ったこと
 (3) 課長/工場長が陥りがちなこと
 (4) サークルリーダーの原理
2 .ファシリテーションスキルを用いた進め方
  (1) 傾聴の必要性
   1) 傾聴とは相手を理解しようと心で聴くこと
   2) 話の語尾を繰り返して復唱する
   3) 話のキーワードを復唱する
  4) 話を自分で整理して返す
  5) 聞いているとき聴き手の判断や評価を与えない
  6) ミラー効果/ミラーリング
3 .ブレーンストーミングの考え方
 (1) ブレーンストーミングとは
 (2) 4つの基本ルール
 (3) 禁句集
4.ファシリテーションの理論
 (1) ファシリテートとファシリテーター
 (2)John Deweyの教育論
 (3) リーダーシップのあり方
 (4) 集団規範の重要性
 (5)ファシリテーターの7つ道具
5.ロールプレイング演習 (1グループ5~7名)
 (1) ケース・スタディー 
 (2) Q&A 
 (3) グループ毎報告, まとめ

研修受講料助成制度

東広島市ものづくり技術高度化研修事業補助対象です。